ヴィッツシエルの特別仕様の内容についてQA形式でまとめてあります

新車を40万円安くするノウハウ
ヴィッツシエル(トヨタ)
ヴィッツシエルレビュー

あなただけの特別な愛車

選べるカラーバリエーション。 UVカットガラス、オートエアコン、スマートエントリー・スタートシステムといった人気装備を搭載した。

価格 人気グレード 値引き額の目安
136〜170万円
エコカー減税 燃費
50% カタログ:21.8km/L

 

質問値引きは期待できますか?

現行のヴィッツから派生して新しく出た車種なので難しいかもしれません。 仮に、ヴィッツと同等の値引きがされるとしたら最大7万円となります。このサービスの利用で支払額を少なく出来るかもしれません。

質問エアロ装備はありますか?

ヴィッツの装備を特別仕様にしたものなので、純正のヴィッツシエル専用のエアロアクセサリーは販売されていません。

質問燃費などの環境性能は?

アイドリングストップを備え付けており、21.8km/Lです。 総排気量は1.0L/1.3Lです。

質問価格帯は?

136〜170万円くらいです。

質問エコカー減税は?

50%です。

質問ヴィッツと何が違うのですか?

シートはこだわりのシルフィードシート表皮を使用しており、更なる上質感溢れる内装となっています。 また、ボディーカラーは独特な6タイプ、内装カラーは2タイプ選べるようになっており、より女性向けのカラーバリエーションが増えたともいえるでしょう。 UVカットガラス、オートエアコン、乗降性が楽になるスマートエントリー、スタートシステムといった人気装備が標準搭載されている点も、注目したいところです。

質問特長はなんですか?

なんと言ってもコーディネート幅が広がったことです。上記でも述べましたが選択性のあるカラータイプがあり、あなただけの特別なニーズに応えます。

ヴィッツシエル

質問乗車定員は?

5人乗りです。

質問外装カラーはどんな感じ?

基本的にどれも光沢感があります。 ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカ、ボルドーマイカメタリック、ダークブラウンマイカ、メタリック、シルキーゴールドマイカメタリック、ダークブルーマイカの6タイプから選べるようになっています。

ヴィッツシエル

質問特別装備の内容は?

従来のヴィッツに以下のオプションが付け加えられました。 UVカットガラス、スマートエントリー&スマートシステム、カラードフロントグリル、オートエアコン、分離式ヘッドレスト、コンライト、バックドア連動、盗難防止システムが搭載されています。

質問内装は?

ベージュ・ブラックとブラック・ピンクベージュの2タイプあります。 シートをはじめ、ステアリングやダッシュパネル、シフトレバー、サイドレジスターリングなどといった細部までに拘りが施されています。 そのため、より一層の上質感を味わえます。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくしてヴィッツシエルを安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけでヴィッツシエルのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

↑車検証が手元にあると便利です

>>簡単1分一括査定はこちら

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよくヴィッツシエルに乗り換えられますしね。

   

今回のモデルチェンジでホンダの新世代の技術であるアースドリームステクノロジーをエンジンやトランスミッションなどを含め全体的に導入し、従来のものより大幅に改良した。燃費は14.5km/Lを記録し、環境性能を最大12.5%と大きい向上を実現。V6エンジンを搭載したものは非常に力強い上に無理がない。外観はとってもシャープさが洗練されたデザインで、内装は広々としている。操作性が高く、運転に煩わしさを感じさせず、楽しませてくれる。他社が販売しているカムリやソナタに劣らず、セダンで最高の乗り心地と評されているのも納得できるところだ。価格設定は、高い性能を誇るにも関わらずライバル車よりも低く抑え、バランスが良いものとなっている。これらのすばらしい魅力がヴィッツシエルに高評価づける要因となっているようだ。

新車を40万円安くするノウハウ